富岡八段戦


僕の後手でした。角換わりで対早繰り銀の戦型になりました。

角を切って飛車を狙う強攻を仕掛けました。

やや無理気味だったようで自重すべきでしたが指したくなってしまいました。それはそれで仕方ないと思っています。

下図は飛車打ちに備えて▲3九歩と打たれた局面です。▲2六歩から桂を取る手があるので忙しい。どう攻めるかですが。

20221130△富岡 対早繰り●55手.png

ここで筋と△4六歩としましたが、この手が今ひとつでした。以下▲6六角△3三歩と進行し、相手のペースとなりました。
代えて△3八歩がよかったようで▲6六角には△1八銀不成▲同香△3九歩成からの攻め合いを選ぶべきでした。どちらか迷ったのですが、ここが勝負の分かれ目だでした。

終盤は私の玉が中段でさまよう苦しい展開に。粘りましたが足りず双方一分将棋の末、負けとなりました。

気を取り直してまた頑張ります!!

負けの場合ブログUPがたいてい遅くなるのですが(笑)今朝の日本勝利に元気づけられました。スポーツは偉大ですね。決勝トーナメントも応援します!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック